月経前症候群の薬でおすすめ001

月経前症候群におすすめの薬について
HOME

女性が生理前になる月経前症候群とは女性


女性が生理前になる月経前症候群とは

女性が生理前になると、3日から10日ほどの間に続いておこる身体的症状がありますが、これを月経前症候群と言います。


身体的症状だけではなく、精神的症状もありますが、月経が始まることで改善したり、消失するものを含めてそう呼びます。



どうして、月経前症候群が起こってしまうのかといえば、それは排卵のリズムに関係しています。


女性は、排卵から月経までの期間には、エストロゲンいわゆる卵胞ホルモンと黄体ホルモンが多く分泌されるようになります。


この排卵から月経までの期間の後半になると、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが急激に低下していくようになるために、脳内のホルモンバランスや神経伝達物質のバランスを壊してしまうことが原因と考えられています。



では、どんな症状が具体的にあるのかといえば、まず、精神的症状として情緒が不安定になったり、イライラしたり、抑うつ状態になったりします。


また、不安や集中力の低下、眠気、自律神経の症状から来るのでほてりやのぼせ、食欲不振、めまい、だるさ、倦怠感もあります。


次に、身体的症状としては、腹痛、頭痛、腰痛やむくみ、お腹の張ること、乳房の張ることがあります。



生理前にこのような症状があって、月経が始まると改善したり、消失したりするので、自覚できている場合は、月経前症候群だと心得ておけるので対処をしやすくなります。



治療法として、セルフケアで出来る場合には、症状がどのようにどれくらいの程度で起こるかなどを日記として記録して行くと役立ちます。


毎月の生理前に自分でどんな病状になるのかを把握することが出来るようになるからです。


月経前症候群の症状を理解しておけば、自分の生理周期のリズムを知って積極的に気分転換を図ったり、リラックスできるように心地よいという感じを体感出来るようなセルフケアを探ってみることも出来ます。



また、セルフケアでは症状が重くて生活や仕事に支障がある場合には、薬による治療もあります。


排卵抑制療法といって、排卵を止め女性ホルモンの変動が無くなるようにすると症状が軽くなります。


この場合には、ホルモン量の少ない低用量経口避妊薬や低用量エストロゲンなどのホルモン剤を使って排卵を止めます。



具体的な症状に対しては、痛みが強ければ鎮痛剤を、むくみについては、利尿剤で身体から水分を排出させるようにしますし、精神症状や自律神経症状については、精神安定剤などが用いられます。


漢方で体質や症状に合わせて選んでもらうことも出来ます。



このような月経前症候群のことを理解し、生理前を出来るだけつらい症状を乗り越えられる工夫があることを女性は心得ておきましょう。




月経前症候群 薬、月経前症候群 薬、月経前症候群 薬、月経前症候群 薬、月経前症候群 薬、月経前症候群 薬、月経前症候群 薬、月経前症候群 薬、月経前症候群 薬、
ラクダ

メニュー


Copyright (C) 2014 月経前症候群の薬でおすすめ001 All Rights Reserved.